20代OL夏芽の自力で乾癬を改善するブログ

2010年に乾癬を発症してから早6年。同じ悩みを持つ方と情報共有できればと思い、これまでのケア方法をメモしていきます。

●おすすめ:コロストラム(免疫ミルク)に関して

 

こんにちは、夏芽です。

 

今回は最初に私を救ってくれたサプリをご紹介します。

 

乾癬がとても悪化していて、でもステロイドは塗りたくなくてあがいていた頃、

インターネットで色々と効果のありそうなものを検索していました。

今回ご紹介するのは、ある薬局のサイトで、免疫ミルクという言葉を発見しました。

初めて耳にする言葉でしたので、すぐに調べました。

 

ちなみに、免疫ミルク(コロストラム)との出会いはこちらのサイトでした。

皮膚病相談 - 春日部第一薬局(埼玉県春日部市)

ほかの薬局でも、アトピー改善に有効なものとして紹介されています。

健康リポート | 免疫ミルク 母子免疫で健康守る|漢方薬の平尾薬局(福岡)

 

コロストラムとは…

コロストラムは、分娩後24~48時間にわたり、母親の乳腺から分泌される初乳。コロストラムには乳児の健康や成長力を司る、生命維持因子や成長因子が含まれている。

各種ビタミン、アミノ酸をはじめ、ディフェンスサポートに関連するIgA、IgD、IgE、IgG、IgMといった各種イミュノグロブリンを豊富に含み、これらの成分が多方面からアプローチして、おなかのコンディションを整えたり、季節の変化に負けない元気づくりにと幅広く活躍。

 

免疫力の向上に期待できそう!

ということで、まずは手軽に試せるサプリを探しました。

 

最初に購入したのはこちらのNatural Lifeブランドのコロストラムです。

f:id:kansent:20160512211334j:image

 

 

 

パウダーだと手間がかかって続けられなさそうなので、こちらの噛めるタブレット錠のものにしました。

味はほんのり甘くて食べやすいです。

レビューにもどなたか記載されていますが、「自己免疫系の病気の方におすすめ」と書かれています。私も同意です。

 

初めて食した時はこれの影響かわかりませんが、下腹部が異常に痛くなったのを覚えています。

それは初日だけで、2日めからは特にお腹に痛みは感じませんでした。

この錠剤を最初は朝晩1錠ずつ飲んで、1週間程ですぐに効果が実感できました。

赤く盛り上がっていた皮膚が、徐々に肌色に近い色に変化して、落ち着いていました。

3週間頃には、患部の中央が割れる?ような感じになり、内側のほうから健康な肌が見えてきました。大きい患部が、小さい患部に2つに分かれるような所もありました。

輪郭が消えるまでには時間がかかりましたが、3,4ヶ月で6割方消えました。

この効果にびっくりしましたし、月当たり1000円程のコストですので、コスパの良さに感激しました。

 

amazonの商品詳細には1回1錠と記載されていますが、メーカーのサイトを翻訳してみたら2錠と記載されていたので、ちょっと体調が優れない日は1回2錠にしたりしています。(※いろいろな体質があると思いますので、自己判断でお願い致します。)

 

ルクアレルギーでない方には乾癬改善にとってもおススメのサプリです!

 

こちらの製品は食べやすいのですが、原材料に砂糖が含まれているので、

砂糖を極力避けている身としては、ほかのものも試してみようと思い、

今度は砂糖が含まれていないタイプを試してみようと、現在はこちらのものを飲んでいます。

 f:id:kansent:20160512211048j:image

 

 

 

Now社のスーパーコロストラムです。

通常のコロストラムサプリもありましたが、(↓こちら)

【バリュー2本セット】[海外直送品] NOW Foods コロストラム 500mg 120粒 Colostrum 500mg 120caps

 

「スーパー」がついているところが効果ありそう!

スーパーのほうは、コロストラムを中心にアラビアノガラクタンやオリーブ、シベリア人参などが1粒に凝縮されていますので+@の嬉しい効果を期待して購入。

効果のほどはNatural Lifeブランドのものと同様に好調です。

砂糖がはいっていないので、気持ち的には前より効果があると感じていたり^^

ただ、カプセルが大きくて、飲み難い点とベジタリアンカプセルが原因かわかりませんが、少し臭います。。。

f:id:kansent:20160512213143j:image

こんな感じの大きいカプセルで1回に2個摂取します。

コストは先に挙げたものとそんなに大差ないですし(月割り計算)、こちらのほうが+@の効果が期待できそうなので続けようと思っています。

Natural Lifeブランドのものは程よい大きさの錠剤でポリポリおやつ感覚で食べられるのでお子さんに良いかもしれません。

 

また、サプリ等の健康補助製品はは飲んだ翌日に効果を求めてしまいがちですが、

私は1週間ごとに経過(効果)を比較するようにしています。

そうすることで、もう1週間!と飲み続けられますし、乾癬は3,4日でターンオーバーしているので、そのほうが比較し易いと思っています

 

サプリは20種類ほど色々なものを試していますが、このコロストラム(免疫ミルク)はみるみる効果を感じることができたので、同じ乾癬でお悩みの方に最初にご紹介したかったのです。

やっと記事が書けました^^

 

コロストラム(免疫ミルク)はアトピーやリウマチ、自己免疫疾患、口臭等に効果が期待できるそうなので、興味を持たれた方は1度お試しされてはいかがでしょうか。

ご自身でも「免疫ミルクとは」などというキーワードで色々と検索して情報収集してみてくださいね。

 

まだまだおすすめのサプリがあるので、それはまた別記事でご紹介いたします。

最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

●御礼:ブログを開設して3ヶ月経過

こんにちは、夏芽です。

 

この乾癬に関するブログを開設してから3ヶ月が経過しました。

最初は1日に3アクセスあれば良い方でしたが徐々にアクセスも増えてきています。

読者になってくださった方もいらっしゃり、少しは意味のある記事を書く事ができているのかな、と励みになっています。

訪問してくださっている方、ありがとうございます。

仕事がハードなので、マイペースな更新となってしまいますが、続けていこうと思いました^^

 

現在の写真を載せます。

腕の乾癬がたいぶ改善されてきました。

健康な肌に戻るまであと少し。。

治癒は1日にしてならず。コツコツ身体に良いこと続けます^^

 

f:id:kansent:20160512195028j:image 

●乾癬は改善できる!皮膚が良くなってきた時期の写真

こんにちは、夏芽です。

前回は乾癬の悪化した原因に関して、いくつか思い当たる点を振り返ってみました。

客観的にみたら不健康すぎますよね。。

私自身も、いざ文章にして振り返ってみたら、こんな生活を送っていてはどのみち遅かれ早かれ発症していかかもしれないと思いました。

 

今回は乾癬が改善されてきた時期のお話をいたします。

症状の写真を掲載していますので、予めご了承くださいませ。

気になる方は続きをお読みください。

続きを読む

●尋常性乾癬のような症状へと悪化したときのお話(2)

こんにちは!夏芽です。

尋常性乾癬のような症状へと悪化したときのお話の続きを書きます。

前回のお話はこちらからご覧いただけます。

 

※今回の記事も私の当時の乾癬患部の写真を掲載しておりますのでご注意くださいませ。

問題ない方は「続きを読む」をクリックしてお進みください。

続きを読む

●尋常性乾癬のような症状へと悪化したときのお話

こんにちは!夏芽です。

 

今回は私が滴状類乾癬から尋常性乾癬へと症状が悪化した時のお話をします。

*前回お話しした乾癬を発症した時のお話はこちらからご覧いただけます。

 

※この記事には私の当時撮影した乾癬患部の写真を掲載しています。ご注意くださいませ。

 

 

___

2014年夏の終わり頃、左腕の二の腕の内側にポッと径0.5mmくらい皮がめくれてピンク色になっている部分をみつけました。

ここ1年は滴状類乾癬の症状もほぼなく、肌の調子が良かったので、また乾癬か、、程度に思いました。

 

下の写真がこれまでの滴状類乾癬の症状です。小さく赤くなっている部分は皮がめくれたような状態です。痒みはありません、大きくなってこの程度の大きさでした。

f:id:kansent:20160216211944j:image

私はこれまでの感覚から、放置していてもじきに勝手に治るだろうと思って放置しました。

ですが、それからはその二の腕にできた患部は治る兆しもなければ、今度は背中にポツポツと乾癬初期の症状がチラホラ出始めました。

私はちょっと調子良くないなーと思いながらも、そんなに焦ってはいませんでした。

それから2週間程経過した頃だと思います。

早く仕事が早く上がれた日に乾癬のことを思い出し、近所の皮膚科へ行ってマイザー軟膏を処方してもらいました。

 

帰宅後に早速軟膏を塗りましたが、背中には手が届かないので、その日たまたま家に遊びにきていた母に手伝ってもらおうと背中を見てもらったところ、

 

母「えぇっ、大丈夫?なんかすごい赤くなってるわよ!結構やばいんじゃないの?」

といわれ、手鏡で背中を見せてもらったら、自分でもびっくりするくらい背中中央辺りにポツポツとできていた小さな患部が大きくなるにつれてつながったのだと思うのですが、径15cmほどの大きさに広がっていて、赤く少し盛り上がっていました。

しかも白くガサガサとした鱗屑も所々についています。

 

私「ほんとだね!今までこんなにまで悪化したことないよ。。。」

私はヒヤッとしました。

とにかくもらったステロイドを塗って、治ってくれるのを期待しました。

 

それから約1週間以上が経過しました。 

患部が大きいからでしょうか。思ったよりも治りが遅かったのです。

これまでの小さい患部はステロイドを塗ればすぐに良くなったのに…

背中も自分では塗りにくい部分なので、届かなくて塗れなかったり、

塗る前に疲れすぎて寝てしまった日もあるので、私にも原因はあるのですが。。

 

それから気温がどんどん下がって乾燥していくにつれ、

私の身体にも次から次へと小さなポツボツがたくさん出始めました。

今までは背中を中心に症状が出ていましたが、今度は腕、お腹にも小さな赤い点が…。

 

当時は残業が多かった時期で、毎回ステロイドをもらいに行くのも大変でしたので、塗ったり塗らなかったり、最終的には薬がなくなって放置、という悪循環になっていました。

 

そして、患部は治るどころか日に日に増えては、下の写真のように大きくなっていきました。

 f:id:kansent:20160216212540j:image

これは当時の写真です。腕に出た乾癬が赤く、大きくなっています。近辺には小さく新しい乾癬がでてきています。

 

症状は約3ヶ月で全身に広がりました。

長くなりましたので、この続きは次回お話致します。

お付き合いいただきありがとうございました。 

 

 

●乾癬治療に関して勉強になった記事やサイト

【★随時更新記事】最終更新:2016/10/18 (更新した物は緑文字にしています)
 
尋常性乾癬になってから、私は改善させたい一心で、気付けば約半年間も毎日相当な時間をネットサーフィンに費やしていました。
良さそうな病院探しから、民間療法、ブログ、記事、掲示板の情報など,,,とにかくたくさんの記事を読み漁ってひたすら情報収集をする毎日。。。
ネットでは本当にいろんな見方や意見がありましたが、その中でも自分の中で腑に落ちる部分のみを拾って、今現在も自己流のケアに取り込んでいます。
今回の記事では、私がこれまでみてきたサイトの中で、特に印象に残っているページをご紹介致します。
(※順不同、恐縮ですが敬称は省略してご紹介致します。)
 
 
・乾癬治療に役立つお話

http://www.mondo21.net/kansen/blog/

 

>紹介されてるおすすめサプリ等、共感できます^^

本当にブログタイトルの通り、役に立つお話が読めます。

私は、実体験は書けますが、専門的なことは書けないので参考にしています!

 
 
・埼玉 春日部第一薬局

http://www.kasukabe-atopic.com/

 
ステロイドを使わない漢方等の自然療法を提案されています。
免疫ミルクを知ったきっかけもこちらのサイトでした。
先生に診てただきたいと思いましたが、当時は経済的に断念しました。。
 
 
・大阪 松本医院
 
>症状が最悪だったころ、この院長さんの記事にすごく影響されました。
「病気を治すのは医者ではなく、あなた自身の"免疫"なのだ。」
この文章にハッとさせられ、お医者様に頼りきらず、自分で免疫を高めることをしようと意識し始めました。
どの病院に行ってもふわふわした説明しかされたことがなかったため、
厳しいお言葉もありますが、芯のある院長さんのお話を読んで、「今は辛いけど諦めないぞ」と勇気づけられました。
 
 
・整体テアテマンドール
こちらでも整体と一緒に免疫ミルクを患者様に試されていました。
整体は受けてみたいと思いましたが、経済的に継続できないだろうと断念しました。。
すごく良い事を書かれているのですが、魅せ方の問題でしょうか?
なんだか少し胡散臭いと思ってしまいます。。その点だけ残念です。
ですがサイト内のさまざまなコーナーは共感するお話ばかりで参考にさせていただきました。
 
 
・熊本 くすりの薬師堂
 
アトピー性皮膚炎ページが参考になりました。
親身になってくれそうなクリニックさんだなと思ったので、印象がとても良いです。
 
 
NPO法人 東京乾癬の会P-PAT
 
>このような会があるとは知りませんでした。
メンバーさんの体験談は共感でき、参考にさせていただきました。
 
 
・ビオチン療法-1-(参考)
 
>ビオチン療法を調べているときに参考にさせていただきました。
 
 
・身体バランス改善推進委員会
 
>紫イペ茶の存在をこちらで初めて知りました。
 
 
・自力で治した乾癬闘病記
 
>ご自身の体験談をとても丁寧にイラストや写真を交えて
記事にされています。読みやすく、新しい発見も多数ありました。
 
 
・みんなで治そう乾癬ハンドBOOK(PDF)
 
>開けない方は検索してみてください。
乾癬のことを分かりやすく説明していて、ケア方法も記載されています。
乾癬について初めてお調べされる方にもおすすめです。
 
 
・ニュースイッチ 日刊工業新聞 (乾癬に関する記事)
 
>2015年11月に掲載された、比較的新しい記事です。
今は治療のためのさまざまなツアーが多く企画されているんですね。
 
 
★良いと思ったサイトは随時追記していきます^^
 

●はじめての乾癬発症(滴状類乾癬)

こんにちは!夏芽(なつめ)です。

今回は私がはじめて乾癬(かんせん)を発症した時のお話をします。

 

___ 

私が乾癬を発症したのは大学4年生の冬の時期です。(2010年頃の話です)

朝、目をさましてふと左腕を見たら、小さな赤い点状の湿疹がありました。

大きさはボールペンでチョン、と軽く肌に触れた時につくほどのインクの大きさでした。

その時の私はただの肌荒れだろうと思って全く気に留めませんでした。

 

しかし、その湿疹は日に日にに大きくなっていき、径1cm程の大きさになりました。

その場所はただ赤くなっているたけではなく、少し盛り上がっていました。

それに、ほかの場所にも小さな赤い点々が体中に現れてきたのです。

それでも私はもともと極度の乾燥肌であったこともあり、

(冬は乾燥するから肌が荒れやすくなるのはしょうがない)と、思い過ごしていました。

 

ある日、家でで着替えをしていると、母が私の身体を見て言いました。

 

母「ちょっと、どうしたのその赤い湿疹は?腕に脚にいっぱいでてるじゃない」

私「あー、うん、でもただの肌荒れだと思うよ、春になったら勝手に良くなるんじゃない?」

 

うちは妹がアトピー持ちだったので、母は心配になり、私を病院に連れて行きました。

私は乾燥肌ではありましたが、これまでアトピーになったこともなければ、自分が敏感肌だと思ったこともありませんでした。

 

母に近場の総合病院に連れて行ってもらい、先生に診断していただいたところ、

私の赤い小さな湿疹は【 滴状類乾癬(てきじょうるいかんせん) 】でした。

 

これまで聞いたこともない病名だったので、私は少し怖くなりました。

 

私「原因はなんですか?」と先生に尋ねたところ、

先生「これは特にこれが原因!といったことが解明されていないので、原因不明の病気なんです。」という回答で、更に不安になりました。

私「治りますか?」

先生「これは体質が関係するので、薬で症状の改善はできますが、完治するとは言切れません。といったモヤモヤした回答。。

 

なんてことない肌荒れだろうと思っていた私は、先生から聞いたこともない病名を告げられ、しかも完治するかわからないなんて、、、そう思ったら自分の中でなにかがサーーッ…と引いていった感覚がして相当落ち込みました。

そして自分だけでなく、母への心配の種もまた1つ増やしてしまったのです。

 

その日は塗り薬を処方していただき、帰りました。

もう6年も前のことなので名前は覚えていませんが、その時処方されたのは丸いプラスチックのボトルに入った白いクリームでした。

(チューブ状のマイザー軟膏とかではなかったです。)

 

家に帰り、お風呂前に全身鏡の前で裸をみると全身に赤い点があることが怖くなり、少し涙が出ました。

 

その日から処方してもらったクリームを1日3回心がけて患部に塗ると、3日後には目に見えて本来の平らな肌の状態に近づき、肌色に戻っていました。

家族も手の届かない場所などは塗ってくれたりして協力してもらい、新しい患部もでてくるので完全にもとのきれいな身体にはなりませんが、全体的に見たら気にならないくらいに改善されました。

 

それから気温が暖かくなるにつれ、新しい患部も減ってきて、薬を塗らずに放置しても気づいた時には良くなっている、という状況になっていたので、

(なんだ、思ったより重い病気じゃないっぽい、よかった)と気楽に思うことにしました。

 

___

ここまでが私の滴状類乾癬発症時のお話です。

それから約4年ちょっとの間、身体に小さな点状の赤い患部が所々に出ては消え、

顔や少し大きめの目立つ場所などは処方してもらったステロイド(マイザー軟膏など)の塗り薬を塗って治していました。

この時は尋常性乾癬のように皮(鱗屑:りんせつ)がボロボロと剥がれることもなかった(と記憶しています)ですし、どんな患部でも約1週間ほどで目に見えて改善できていました。

女の子なので顔に症状が出たらやっぱり辛いのですが、薬を塗ってちゃんと治るならまだいいか、と思うようにしていました。

気にしすぎたら治りも悪くなりそうですしね。

 

ですが!

 

もし、この程度の状況が今もずっと続いていたのなら、

きっと私はこのブログを開設していませんでした。

 

2年前(2014年)、乾癬を発症してから約4年後の秋口のことです。

私が罹っていた滴状類乾癬は【 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) 】へと移行し、症状が悪化したのです。

この時のお話は次回お話致します。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

===